Win10からWin8.1へのダウングレード

20160316web

今回は、Webに関することではないですが…

最近、お客様から何件か立て続けに聞かれたので、

備忘録も兼ねて書いておきます。

 

アップグレードしたら困ったことが

A、「Win10にアップグレードしたら、娘の動画が見られなくなっちゃった」

B、「(同じく、)仕事で使ってたソフトが動かなくなっちゃった」

C、「(同じく、)使い方がわからなくなっちゃった」

 

確認したところ、

A、WindowsMediaPlayerがWin10との相性悪いみたい

B、ソフトがWin10に対応してなかった

C、「Win8にやっと慣れたところだったのに…」だそうです。

 

いづれの場合も、

Win8 or Win7へのダウングレードで対応しました。

 

ダウングレードの手順

その際の手順を簡単に説明します。

パターン①
Windows10にアップグレードしてから、1か月以内の場合の手順

guide_windown
(クリックすると拡大画像が見られます。)

こちらの場合は、基本的に保存したドキュメント、ファイルなどはそのままでOSを以前のものに戻せます。
※アップグレード後に設定した内容などは戻ってしまう場合があります。10での新機能ももちろん使えなくなります。

(例外)
これらの場合は1か月経過していなくても戻せません。

・ インターネットからではなく、USBメモリなどを使用してアップグレードを行い、そのUSBメモリが無い場合。

・ アップグレード後に、ユーザーアカウントを増やした場合。(そのアカウントを削除すれば、戻せるようになります。)

・ 『windows.old』などの以前のファイルを削除してしまった場合

 

パターン②
Windows10にアップグレードしてから、1か月以上経過してしまった場合

この場合は、上記の方法は使えません。

元に戻す場合は、

・ リカバリディスクを使用して初期状態に戻す(データも全部消えます)

・ 『PC出荷時の状態に戻す』を利用する(データは基本的に保持されます)

このどちらかの方法で戻せます。

こちらの場合は、PC購入時の状態に戻ってしまうため、データ類もすべて破棄されてしまう場合があります。必要なデータ等は、CD・DVDやUSBメモリーなどに移しておきましょう。忘れがちなメール(送信・受信両方)の保存もお忘れなく。

 

最後に

個人的な感想としては、新OS(Win10)は、ブラウザも「Edge」に変わり、その他新機能も増えていますが、「試用にしても、リリースするにはちょっと中途半端じゃね!?」という印象です。

Win8で犯した失敗を早く払しょくしたいんでしょうけど、それならきちんとした製品を作ってほしいものです。

Webだけでなく、パソコンの“困った解決”にも伺いますので、お気軽にご相談ください。
(PCレスキュー 1回5,000円~)

この投稿はコメントできません。