データが全て消えた?危険なWin10の新機能

とうとう観念して、OSをWindows10にしました。

さすがのWinさん、不要な機能が盛りだくさんだったので、
いろいろ探しながら削除していた中で、
「なんだこれ?」ってモノがあったのでご紹介します。

自分のパソコンをお店モードにできる!

「設定」→「システム」→「アプリと機能」→「オプション機能の管理」と進んでいくと、
下の画面になります。

config

その中で気になったのが、『日本語(日本)小売りデモコンテンツ』(赤丸囲みの部分)。

“なんだろう”と思って調べてみたら、
お店に並んでいるときのように、
一部機能を制限したり、機能のデモムービーを見せたりするための機能のようです。

小売りデモへの切り替え方

win10_update

「設定」→「更新とセキュリティ」→「ライセンス認証」と進み、”Windows”の部分(赤丸囲み)を5回クリック(タップ)すると、下記のダイアログが出ます。

demostart

ここで変更をクリック(タップ)すると、切り替わるのですが、注意しなければならないのは、このモードに切り替えると、PCが工場出荷時に戻ってしまうということです。データも全て消去してしまいます。リカバリに近いものですかね。

なぜ入れた?この機能

Win10を導入すると、一様にこの機能が追加されます。任意で追加する機能ならわかりますが、なぜ全てに入れたのでしょうか?

全然意味が分かりません。

操作的に、なかなか間違うこともないとは思いますが、誤って操作しないように皆さんご注意ください。

この投稿はコメントできません。