『建坪』ってどの面積のこと?

家の面積

新築でもリフォームでも、家のことを話すときには、普段あまりつかわない単語や単位が会話の中で頻出します。

その中で今回話すのは『建坪』です。

面積を表す単語なんですが、どこの面積を表すものなんでしょう。

ハウスメーカーの営業さんでも分かっていない人が多い単語のひとつ

少し前の話、

「この家って建坪はいくつなんですか?」
営業さん
「だいたい45坪くらいですね」
営業さん
(ん!?そんなにデカイか?)
営業さん
「あの“建坪”を聞いたんですけど・・・」
営業さん
「ですから・・・」

 

よくよく聞いてみると、この営業さんの中では『建坪=延べ建坪(延べ床面積)』になっていました。

これはもちろん間違いです。

では、建坪とはどの面積のことなのか?

建坪とは、『土地の中で建物が占める坪数(面積)』のことです。

建築用語としては、「建築面積」のことです。

単純にいえば、航空写真で見た建物の広さのこと。

細かい規定がありますが、設計士さんとかプロの方じゃなければ、この程度の認識で十分。

下図の赤線の範囲が建坪です。

建坪

庇(ひさし)が1m以上出ていた場合はその部分も含まれます。

玄関ポーチは含まれます。しかし、犬走りは含みません。

混同しやすい面積の言葉

  • 延べ床面積・・・

2階建ての場合、1階と2階の床面積の合算値。つまり、建物全体の床面積。

  • 工事面積・・・

工事業者の受注面積なので、曖昧な表現です。

外構含むのか、基礎は含むのか、その工事または業者によって違います。

あくまで契約書の範囲の工事の面積ということです。

 

混同するぐらいなら、無くてもいいんじゃないか?とも思いますが、なぜ色々と言葉を分けるのでしょうか?

建坪が必要になるタイミング

実際に家の間取りなどを考える際に、皆さんが重要視するのは「延べ床面積」の方だと思います。

リビングが何畳で、対面式にしたいからキッチンは何平米で、子供部屋は何㎡で2つ、とか。

単位をわざとバラバラにしましたが、どうであれ重要になるのは「延べ床面積」。

皆さんが打ち合わせなどで主に気にする部分はここだと思います。

 

しかし、その延べ床面積の最大値を決定するのは建坪です。

簡単に言うと、2階建ての場合、建坪30坪の家の延べ床面積の最大値は60坪です。(玄関ポーチとかは無視しました。)

この中に収まるように間取りを考えなくてはなりません。

 

『間取りを自由に決定して、それに合わせて建坪を広げればいいんじゃない?』

たしかに、それが出来れば理想的ですが、二つ考慮しなくてはいけない要素があります。

ひとつは、予算です。

世知辛い話になりますが、家が大きくなればお金もかかります。

特にハウスメーカーの営業さんは、「この人の自己資金がいくらで、いくら借りられるから、予算は最大〇〇万円だ」と、ここから打ち合わせがスタートします。重要なことですからね。

ですから、予算が建坪の最大値を決めるといっても過言ではありません。

 

ふたつめは、建ぺい率です。

また、新しい単語を出してしまい申し訳無いんですが、皆さんも聞いたことぐらいはあるんじゃ無いでしょうか。意味も知っていると言う方も多いと思います。

簡単言えば、その敷地に対して建てて良い家の大きさです。

これにより、最大値が制限されるため、“自由にどうぞ”と言うわけにはいかない場面も出て来ます。

そして、その家の大きさとは、建坪になります。

 

これらの理由から、建坪は延べ床面積より重要になる場合があります

「敷地も広大だし、予算もいくらでもいいよ」と言う方は無視していただいても結構ですが・・・

まとめ

色々申し上げて来ましたが、

  • 建坪・・・建築面積。敷地を占有している坪数。航空写真で見た大きさ。
  • 延べ床面積・・・全ての階の広さを足した大きさ。
  • 工事面積・・・使わない方がいいです。

打ち合わせにおいて、勘違いからの重大な計画ミスなどが起こらないように、これだけ覚えていればひとまず十分だと思います。

「営業が覚えておけ!ちゃんと教育しろ!」

たしかにおっしゃる通りなんですが、ほとんどの営業さんは売ることは教えられても、こういったことは独学な場合が多いため、自衛のために覚えておいてください。